神奈川県・藤沢市特飲街 iPhoneケース(手帳型)
神奈川県・藤沢市特飲街 iPhoneケース(手帳型) 神奈川県・藤沢市特飲街 iPhoneケース(手帳型) 神奈川県・藤沢市特飲街 iPhoneケース(手帳型) 神奈川県・藤沢市特飲街 iPhoneケース(手帳型) 神奈川県・藤沢市特飲街 iPhoneケース(手帳型)

神奈川県・藤沢市特飲街 iPhoneケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone7Plus

  • iPhone7

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android L

  • Android M

  • Android S

■歴史散歩  藤沢町廓遊は神奈川縣髙座郡藤澤町字辰巳町に在つて、東海道線藤沢駅へ下車して西へ約3丁、乘合自動車もあるが乗るほどの必要も無い。  筑波へ行けば、必ず筑波の遊廓をひやかしして来るやうに、江ノ島鎌倉への帰途には必ず藤沢へ寄って、ここの遊廓をひやかしして行く者が多い。東海道五十三次の一つで、明治13年には宿場の飯盛女が娼妓に昇格し、明治35年には縣令によって散娼制から、現在の遊廓に移転して集娼制となったものである。目下貸座敷が10軒あつて、娼妓は50人居るが、重に東北地方の女である。店は陰店を張っていて娼妓は全部居稼ぎ制だ。客の廻しは取っている。  妓楼には、桂家、岩月楼、松坂楼、三浦楼、月見楼、大和楼、丸家、立花家、橋本楼、辰巳樓等がある。 〜『全国遊廓案内』(昭和5年)より〜 ■撮影後記  特殊飲食街を偲ぶよすが。入り口はトンネルのようでいて、血を浴びたような錆色の壁を持つこの呑み屋街を初めて見たときは、多いに衝撃を受けたものだった。  呑み屋街の先はクランクになっており、その先にも小さな呑み屋が続いている。何度も訪れているのだが、事務所から出て来たばかりのような風体の男たちが常に集まっており、さらに先には立ち入る気にはとてもなれなかった。  有名な「小鳥の街」はマンションの敷地の一部となって消滅してしまった。  2013年頃まで連れ込み宿も残っていた。タイルで装飾されたアーチや飾り窓のある旅館で、これぞ「連れ込み宿」といった絵に描いたような外観だった。高解像度のカメラでしっかり撮影できなかったことを悔やんでいる。 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm