新潟県・十四番丁遊廓 iPhoneケース(手帳型)
571870fa9821cc1cb80001ae 571870fa9821cc1cb80001ae 571870fa9821cc1cb80001ae 571870fa9821cc1cb80001ae 571870fa9821cc1cb80001ae

新潟県・十四番丁遊廓 iPhoneケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone7Plus

  • iPhone7

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android L

  • Android M

  • Android S

■歴史散歩  北の廓は通り名で「十四番丁」といい、23軒に126名。焼けないので、現在でも常盤楼、いろは、パレス、河竹などには張見世の気分があり、陰気な点を除けば、その情緒はてんめんたるものがある。<公休18日>附近の寄附町に9軒、本間町に7軒私娼がならんでいる。  ほかに、鏡橋近くの通称「シマ」に20軒と臨港の山ノ下に30軒ほどの赤線がある。 〜渡辺寛『全国女性街ガイド』(昭和30年)より〜 ■撮影後記  十四番丁遊廓に遺る旧妓楼の旅館、福田屋は今も営業を続けている(裏手にある本多旅館も実は営業を続けている)。福田屋のご主人にインタビューしたことはブログ記事にまとめたが、何よりも驚いたことは、ご主人の口から吉原特飲街組合長の成川某氏の名前が当り前のように出てきたことだ。  〝狭くて深い〟業界ならではの濃い繋がりを覚えずにはいられなかった。  十四番丁いちばん奥にあった水田楼は2000年に取り壊されており、偶然にもその取り壊しの1週間ほど前に見に行っている。新潟での学生生活を終えて、新潟の見納めにと選んだのが十四番丁だった。  ここ数年は年に一度は新潟を訪れているのだが、2015年夏に念願の古川町にあるスナック街へ飲みに出掛けることができた。  そのうちの一つスナック「もな」に入り、ママに自分の活動のことなどを話すと、店の客が「女郎屋の息子」だと言う。聞けば、その女郎屋があったのは神明町だったそうだ。 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm