東京都・吉原遊廓 iPhoneケース(手帳型)
東京都・吉原遊廓 iPhoneケース(手帳型) 東京都・吉原遊廓 iPhoneケース(手帳型) 東京都・吉原遊廓 iPhoneケース(手帳型) 東京都・吉原遊廓 iPhoneケース(手帳型) 東京都・吉原遊廓 iPhoneケース(手帳型)

東京都・吉原遊廓 iPhoneケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone7Plus

  • iPhone7

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android L

  • Android M

  • Android S

■歴史散歩  吉原の特徴は輪タク屋の多いことで、これは絶対に避けたがよい。熱海駅前の客引き番頭のようなもので、タク屋の紹介で登楼し、1,500円払ったとしても3割の450円はタク屋がふんだくっていくといわれるから、実際の泊りは1,050円のケチな客になるわけである。「素人はいかがで」……と近寄ってきても、その口車にのると、防疫施設のない吉原周辺の汚い家に連れ込まれ、素人どころか、たいへんなものをつかまされ吉原土産を貰って帰る場合が多い。 〜渡辺寛『全国女性街ガイド』(昭和30年)より〜 ■撮影後記  旧伏見町通りには割合、カフェー建築が残っているが、それとても5軒程度に過ぎない。『全国女性街ガイド』に依れば、昭和20年代後半に伏見通りに特飲店が急増したという。  カフェー建築はアールデコ様式が美しい。とりわけ、このカフェー建築は、うっとりするほどだ。  航空写真で確認するとコの字型の家屋で、中庭があるのが分かる。『東京人』1996年11月号には大竹誠氏が撮影した貴重な写真が掲載されている。20ページ室内の写真、22ページ①②は、この建物の内部の写真で、内部を捉えたおそらく唯一のものと思う。  現在はアパートになっており、今も何人かが住んでいるようだ。町内会長の方に、この旧赤線建築の持ち主のことを伺ったところ、東京から離れたところに住んでおり、連絡が付かないため町内会費を徴収できずに困っているそうだ。  昭和20年代には女給殺し事件があり、実話雑誌や新聞にその記事が掲載されている。その頃の屋号は「大明」で、『東京人』20ページの欄干の透かし彫りに、その屋号を確認できる。 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm