東京都・柳小路 iPhoneケース(手帳型)
57185b2b00d3316ec6000a69 57185b2b00d3316ec6000a69 57185b2b00d3316ec6000a69 57185b2b00d3316ec6000a69 57185b2b00d3316ec6000a69

東京都・柳小路 iPhoneケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone7Plus

    残り1点

  • iPhone7

    残り1点

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android L

    残り1点

  • Android M

    残り1点

  • Android S

    残り1点

■撮影後記  この場所「柳小路」を訪れる切っ掛けとなったのは、地図上で細々した路地を見つけたからだった。既に王子駅南側のさくら新道にあった呑み屋は数年前の火事で失われた後だったから、それほど期待せず向かったのだが、撮り甲斐を感じる場所だった。  後日、図書館で資料調査している際、近在に特飲街の設置を巡って起きた騒動の記事を見つけることができた。(※)  特飲店設置予定地が王子小学校分校(現・柳田小学校)から100メートルも離れていない地点(豊島1-36)であったため、PTAや教員を中心とした世論の反対に遭いながらも、以前より歓楽商業地区に指定を受けていたため、池上特飲街騒動のように文教地区を盾に特飲店を排除できず、騒動は混迷を極めた。  特飲業者はカフェーの建築を強行。当局に申請した営業許可が下りぬままだったが、しびれを切らした業者は無許可のまま店開き。翌日には王子警察に検挙されるという顛末だった。業者はしぶとく密淫売を続け、3ヵ月後にも検挙された。吉原や新宿のように、正式な赤線ではなかったが、いわば早産した赤線。  面白いことに、新聞に記載された赤線業者代表の大谷某の住所は船橋市海神町。してみると、王子準赤線は船橋で営む赤線業者の暖簾分け・分店の図式ではなかったか。更には、その業者に借地の融通を利かせたのは自由党代議士鈴木仙八氏だった。その鈴木氏は、今回の反対運動は客を奪われるとみた王子三業地がPTAをけしかけたものと反撃している。  王子が欲のるつぼとなった奮った歴史の一コマと云えようか。 ※『読売新聞』(昭和30年12月15日・夕刊)その他 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm