東京都・鳩の街 iPhoneケース(手帳型)
東京都・鳩の街 iPhoneケース(手帳型) 東京都・鳩の街 iPhoneケース(手帳型) 東京都・鳩の街 iPhoneケース(手帳型) 東京都・鳩の街 iPhoneケース(手帳型) 東京都・鳩の街 iPhoneケース(手帳型)

東京都・鳩の街 iPhoneケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone7Plus

  • iPhone7

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android L

  • Android M

  • Android S

■歴史散歩  昭和20年5月、玉の井で戦火に逢った業者4軒が向島須崎町の一角に開業したのがそもそもの始めだから典型的なアプレ派。  吉原をプロとすればセミ・プロから素人までの若い子が多く、それだけに気分本位で、交渉にもむらがあり、一人の女が場合によっては900円でも泊めてくれるし、2,000円だしても泊めてくれない時がある。  このシマの女たちは惚れっぽいのが多く、すぐに結婚へ走ったり、出戻りしたり、不良のヒモがついたり等々、出入りが激しい。商売気は割に少ないから客もつい馴染みを重ねることになる。 〜渡辺寛『全国女性街ガイド』(昭和30年)より〜 ■撮影後記  鳩の街も2013年に相次いで3軒ほどのカフェー建築が取り壊されてしまった。その中には「OFF LIMIT」の書き込みが残る建築も含まれていた。   もう一つは茶色の外装を持つタイルアーチを配した建物で、茶色に塗り潰されているだけで、往時はまた違った配色だったかも知れない。その建物の持ち主を近所で伺い、お話しを聞いたところ、近日中に取り壊すとのこと。その時であれば中を見ても良いとのお許しを頂戴したので、後日改めて出直した。  1階の室内には、窓の内側から客を誘い込むための三和土のスペースはあったが、飾り気は殆どなかった。一部にタイル張りのアーチが設えているだけだった。  2階は中央の階段を取り囲むように6〜8つの個室があったと記憶している。その室内も広さ4畳半程度、床柱が天井近くでカットされている簡易的な床の間のみで、一般的な和室に過ぎなかった。  工員相手のような庶民的な遊里であったから、家庭へ憧れる独身男にはむしろ歓迎されたのかもしれない。  写真は鮮やかなタイルと庇を持つカフェー建築。干されたビニール傘も鮮やかで、日常に溶け込んだ売春街の記憶が面白く、撮影した。 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm