東京都・玉の井<アールのひさし> iPhoneケース(手帳型)
東京都・玉の井<アールのひさし> iPhoneケース(手帳型) 東京都・玉の井<アールのひさし> iPhoneケース(手帳型) 東京都・玉の井<アールのひさし> iPhoneケース(手帳型) 東京都・玉の井<アールのひさし> iPhoneケース(手帳型) 東京都・玉の井<アールのひさし> iPhoneケース(手帳型)

東京都・玉の井<アールのひさし> iPhoneケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone7Plus

  • iPhone7

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android L

  • Android M

  • Android S

■歴史散歩  このシマのかわっている点は、時折、ハキ溜に下りた鶴よろしく高級車が停り、重役級の白髪、ハゲゼントルマンが降り立つ。我が青春の実地検証というところであろう。そこで、この種の黄昏男を狙い打ちするため、相当の上玉が潜入している。そんなのに当たると京都、吉原はだしのたのしみがある。  今や下玉揃いで茨城、千葉女の大根畑の感がある。この近県ものを相手に工員がせっせと通い、遊び200円、泊り1000円。全部が女3人程度の小店ばかりで横丁にでもはいろうものなら、エイッとばかりに引っ張りこまれる。検診は水曜。 〜渡辺寛『全国女性街ガイド』(昭和30年)より〜 ■撮影後記  玉の井は有名だったバルコニーを持つカフェー建築も2013年に取り壊されてしまった。それまでのその建築はアパートとして余生を送っており、中には2人ほど店子の老人が居たようだ。近所の人に話を伺ったところ、その2人も痴呆や身体が不自由なこともあり、取り壊しを受けて、施設などへ引き取られていったそうだ。  取り壊しが始まっているのを眺めて何やら気抜けし、後日改めて、すっかり取り壊されて更地となった跡地を見に行った。自分は門外漢であることは重々承知していたが、なぜだかむしろ、その時の方がさっぱりした気持ちだった。葬儀も火葬の後は、それまでのベタベタした感情から一転してさっぱりした気持ちになるが、それに近かった。  更地となっている足許を眺めると、髪留めが落ちており、有り得ないこととは知りつつも、当時の酌婦が使っていたものかも知れないなと思えると去りがたかった。 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm