東京都・玉の井<飾り窓> iPhoneケース(手帳型)
東京都・玉の井<飾り窓> iPhoneケース(手帳型) 東京都・玉の井<飾り窓> iPhoneケース(手帳型) 東京都・玉の井<飾り窓> iPhoneケース(手帳型) 東京都・玉の井<飾り窓> iPhoneケース(手帳型) 東京都・玉の井<飾り窓> iPhoneケース(手帳型)

東京都・玉の井<飾り窓> iPhoneケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone7Plus

  • iPhone7

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android L

  • Android M

  • Android S

■歴史散歩  吉原が遊廓の雄であるとするなら、玉の井は湯女、茶汲女、十二階下と発展してきた、日本一の私娼街であった。「抜けられます」の迷路とキング・ポイントで売った玉の井のその豪華さも消滅した。荷風が『濹東綺譚』の中で、濡れるような黒髪を描いた風情は既になく、121軒に390名から420名の女が出たり入ったりしている。  このシマのかわっている点は、時折、ハキ溜に下りた鶴よろしく高級車が停り、重役級の白髪、ハゲゼントルマンが降り立つ。我が青春の実地検証というところであろう。そこで、この種の黄昏男を狙い打ちするため、相当の上玉が潜入している。そんなのに当たると京都、吉原はだしのたのしみがある。 〜渡辺寛『全国女性街ガイド』(昭和30年)より〜 ■撮影後記  玉の井は何度か訪れていたのだけれど、どういった訳か、この建物はなかなか見つけられなかった。  当時から、その細路地の入り組んだ様からラビリンスと評される街だったが、今もってラビリンスだった。  東京都内の遊廓・赤線建築は全滅といった態だが、永井荷風『墨東奇譚』や滝田ゆう『寺島町奇譚』の舞台となった玉の井は10年前20年前と比べれば多くが取り壊されているとはいえ、それでもまだ残されている方だ。  窓枠の四辺に扇型のデコレーションという、戦後の物不足の中ではとりわけ手が掛かったであろうこの窓は、往時の雰囲気を十分伝えるもので、他の土地でもなかなかお目にかかれない代物だった。 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm