山梨県・オリンピック通り iPhoneケース(手帳型)
山梨県・オリンピック通り iPhoneケース(手帳型) 山梨県・オリンピック通り iPhoneケース(手帳型) 山梨県・オリンピック通り iPhoneケース(手帳型) 山梨県・オリンピック通り iPhoneケース(手帳型) 山梨県・オリンピック通り iPhoneケース(手帳型)

山梨県・オリンピック通り iPhoneケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone7Plus

  • iPhone7

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android L

  • Android M

  • Android S

■歴史散歩  甲府市穴切遊廓は山梨県甲府市穴切町にあつて、中央線甲府駅で下車すれば西南へ約7丁の個所にある。  享保年間には、市内柳町に飯盛女として旅館に散在していたものが、明治初年に新柳町へ移転し、明治27年には遊廓と変更して、同業者娼妓ともにその数を増した。ところが明治40年の大火に全焼したので、止むを得ず41年5月には、代官町の仮営業所から現在の場所に移転して今日に至ったものである。現在貸座敷が21軒あつて娼妓は178人居る。  一等店、甲子楼、二等店、大黒楼、八幡楼、三等店、京巴楼、竹川楼、伊勢楼、髙鳥楼、松葉楼、佐野楼、常磐楼、幸大黒楼、佐保姫楼、角伊勢楼、雨宮楼、角楼、鈴木楼、丹後楼、恵比寿楼、富貴楼、四等店、藝井楼、遊月楼。 〜『全国遊廓案内』(昭和5年)より〜 ■撮影後記  東京を始発に出て、早朝8時台には甲府駅についてしまった。歓楽街をぶらついたが、当然どこも開いていないが、呼び込みがおらず、却って歩きやすかった。  アルファベットで書かれた「MINAMI GINZA」アーチや、こちらでの特殊浴場の略語らしい「トクヨク」の文字など、ご当地モノも目を楽しませてくれる。  ぶらついているとオリンピック通りという由来が気になる横丁を見つけた。撮る前からこれは気に入った写真になりそうだぞ、と直感的に分かる場所があるが、ここもそうだった。  数年前に穴切遊廓跡に行ったこともあるが、こちらの跡には往時を偲べるものは何もなく、最近まで門柱は残っていたらしいが、それも失われた後らしかった。むしろ遊廓跡の大門側に軒を連ねる廃屋となったスナック群が壮観だった。  朝の歓楽街を一通り撮影し、やはり夜に来たいものだと考えているうちに、いい時間になってきた。  甲府駅北側にある県立図書館で欲しかった資料を複写し、ほうとうで腹を充たした後は見延線へ乗り込み、富士山の裾野の谷間を回り込むようにして静岡県側へ向かった。 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm