秋田県・八郎潟赤線<登きわや> iPhoneケース(手帳型)
秋田県・八郎潟赤線<登きわや> iPhoneケース(手帳型) 秋田県・八郎潟赤線<登きわや> iPhoneケース(手帳型) 秋田県・八郎潟赤線<登きわや> iPhoneケース(手帳型) 秋田県・八郎潟赤線<登きわや> iPhoneケース(手帳型) 秋田県・八郎潟赤線<登きわや> iPhoneケース(手帳型)

秋田県・八郎潟赤線<登きわや> iPhoneケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone7Plus

  • iPhone7

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android L

  • Android M

  • Android S

■撮影後記  八郎潟のこの場所は偶然見つけたものではなく、事前に知人から教えて貰っており、一刻も早く間近に見てみたい建築・街景だった。  2015年の9月に、昼と翌日夜の2度、撮影に訪れている。やはりというか、夜の方が雰囲気は圧倒的だった。降った雨が地面をぬらしていたせいもあるかも知れない。  近所の古老に聞けば、やはりこの辺りは赤線で、写真の建物(ときわや)も娼家であった。  八郎潟は昭和40年代の干拓事業で賑わい、新興の街らしくヤクザ者も蔓延ったという。またもっと遡れば、街の規模では隣接する五城目の方が大きかったが、反対運動に会い、五城目に奥羽本線を通す計画は頓挫。結果、明治35年に奥羽本線が開通し、八郎潟(開通当時は「五城目駅」という名称だったからややこしい)に駅を配したことが、八郎潟の将来を約束した契機かも知れない。  前日の昼に訪ねたときに、自分には忘れ難い出会いをしている。いつかそれを綴りたいと思っているが、その時の心の底を上手く表現できるのか不安で、また完成すれば、その淡い想いが蒸発してしまいそうで、手を付けられずにいる。 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm