秋田県・かっぱ小路 スマホケース(手帳型)
秋田県・かっぱ小路 スマホケース(手帳型) 秋田県・かっぱ小路 スマホケース(手帳型) 秋田県・かっぱ小路 スマホケース(手帳型) 秋田県・かっぱ小路 スマホケース(手帳型) 秋田県・かっぱ小路 スマホケース(手帳型) 秋田県・かっぱ小路 スマホケース(手帳型)

秋田県・かっぱ小路 スマホケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone7Plus

  • iPhone7

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android Lサイズ

  • Android Mサイズ

  • Android Sサイズ

■歴史散歩  秋田市常盤遊廓は秋田県保戸野鉄砲町にあつて、奥羽本線秋田駅で下車して約12丁の所にある。  秋田には美人が多い。元市内下米町2丁目にあつた遊廊が、明治21年に現在の個所に移転されたもので、目下、貸座敷が10軒あり、娼妓は60人いる。いずれも秋田県の女ばかりである。  妓楼には白根楼、世界楼、新し屋、蕾楼、松屋、伊勢楼、桜楼屋、新開楼、栗田楼、松月楼等がある。秋田俚謠に名物を唄つた物がある。  「秋田名物男鹿では男鹿づりコ、能代春慶、檜山ナツトー、大館曲げわつぱ」 〜『全国遊廓案内』(昭和5年)より〜 ■撮影後記  何度も移転を繰り返していた秋田市の遊廓だが、売防法が成立するはるか以前の昭和8年、秋田県は廃娼に踏み切っている。  とはいえ「西部料理組合」として認可され、売春業は続いていた。  その南鉄砲町に残されていた色街時代の遺構ともいうべき旅館や家屋は、2013年に一気に取り壊されてしまった。もう当時のよすがを偲ぶものはない。  全国的に名を謳われた秋田川反芸者も零落の一途を辿り、今は芸妓組合すら無い。  ただしどこか救われるのは、歓楽街・繁華街としての川反は、まだまだ北東北にその存在感を示しており、夜ともなれば、多くの醉客や、また客引きで車の通行もいささか困難な態になる。北東北で最も大きな特殊浴場街を擁するのも秋田である。  写真のかっぱ小路は、川反に幾つかある呑み屋横丁の一つ。今はスナック、バーが入っているが、風俗店が入っていたこともあり、その店では女の子が入れ歯を外してサービスに及んでいたという噓のような話を、秋田の知人に聞いた。 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm