青森県・小中野遊廓《親陸楼》スマホケース(手帳型)
青森県・小中野遊廓《親陸楼》スマホケース(手帳型) 青森県・小中野遊廓《親陸楼》スマホケース(手帳型) 青森県・小中野遊廓《親陸楼》スマホケース(手帳型) 青森県・小中野遊廓《親陸楼》スマホケース(手帳型) 青森県・小中野遊廓《親陸楼》スマホケース(手帳型) 青森県・小中野遊廓《親陸楼》スマホケース(手帳型)

青森県・小中野遊廓《親陸楼》スマホケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone7Plus

    残り1点

  • iPhone7

    残り1点

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android Sサイズ

  • Android Mサイズ

  • Android Lサイズ

■歴史散歩  安政の頃から漁夫の洗濯をしてやったり、身の廻りの世話をしてやったりしていた洗濯婦が、いつの間にか、それ以外の要望にも応ずるようになって、私娼化した古い里。  八戸から八戸線で6分の小中野駅のすぐ目の前にある小中野遊廓。45軒に142名。 〜渡辺寛『全国女性街ガイド』より〜 ■撮影後記  小中野には2度ほど泊まりに来たことがあるのだが、本命ともいえる新むつ旅館(旧名:親陸楼)は初めてだった。  旅館の中には空中回廊があって、往時の繁栄が偲ばれる。その空中回廊を撮影したくて宿泊しにきたはいいものの、当時の大福帳や調度品が揃った良い部屋は埋まってしまっており、生憎こちらは隅の蒲団部屋のような小部屋で寝ることになってしまった。  翌日、女将さんから売防法後の界隈の話などを伺う機会を得た。近所の元妓楼から転業した旅館は、昔日を忘れきれずに「牛乳風呂」なるいかがわしいサービスを提供し、警察沙汰になったのだそうだ。昭和40年代の週刊誌でも、小中野界隈のスナック街を「遊べる街」をして紹介しており、売防法後もその類いの営業は残っていたようだ。  先日、写真使用のお許しを得るために改めてお電話を差し上げたところ、快活な女将さんから「また泊まりに来てね」と嬉しいお言葉。まだまだ元気に旅館を続けておられるようだ。 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm