北海道帯広市・遊楽街 スマホケース(手帳型)
5718450299c3cdc7af000302 5718450299c3cdc7af000302 5718450299c3cdc7af000302 5718450299c3cdc7af000302 5718450299c3cdc7af000302

北海道帯広市・遊楽街 スマホケース(手帳型)

¥2,800 税込

送料についてはこちら

  • iPhone8Plus

  • iPhone8

  • iPhone7Plus

  • iPhone7

  • iPhone6Plus/6sPlus

  • iPhone6/6s

  • iPhone5/5s/SE

  • Android L

  • Android M

  • Android S

■歴史散歩  北海道十勝国帯広町にあつて汽車は、根室本線、帯広駅で下車する。現在は遊廓の貸座敷は約八軒、娼妓は約四十人位おり、青森および北海道の女が多い。  帯広は音更川、サツナイ川、十勝川の合流点にあつて、一種の港の様な感じのある所だ。 〜『全国遊廓案内』昭和4年から〜 ■撮影後記  帯広に撮影に訪れたのは2014年年末だった。日が暮れる以前から外気は充分なほど冷たく、また、歓楽街そのものもさほど大きくはない規模に見受けられたが、そぞろ歩きする若い人で溢れていたのが印象的だった。  気候の厳しさを思えば、往時の建物が遺っているとは到底希望は持てなかったが、それでも雰囲気のある呑み屋街に出会うことができた。  帯広駅の北側に、スナック・呑み屋が肩を寄せ合うようなモール型の飲食店街が点在しており、北から辿れば、「二条銀座街」「遊楽街」「永楽街」「新世界小路」「いなり小路」「エイト街」「八丁堀」などがあった。  多くの横丁が廃業していたのは残念だった、それでも「銀河街」とは、ロマンチックな呑み屋横丁のネーミングだと、変に感心したものだった。  警察からのお達しとして、それらの呑み屋のドアには「ぐれん隊、ちんぴら、演歌師、獅子舞」の入店を断る札が掲げてあった。 ------------------------------------------------ iPhoneケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・iPhoneの種類によりケースサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール付き。 ・背面カメラ対応。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂   本体はめ込み部:プラスチック ------------------------------------------------ Androidケース共通説明 ------------------------------------------------ ■商品説明 ・機種によりサイズが異なるため、デザインの位置がサンプル画像と異なる場合があります。ご了承ください。 ・スマホ本体を再剥離シールで固定するタイプとなります。 ・内側にはカードを差し込むポケットが3ヶ所ございます。 ・塗装は紫外線耐性のあるUVインクジェット塗装となります。 ・内側には白無地となります。 ・ストラップホール、ミラー付き。 ・素材   手帳本体:ポリウレタン樹脂 下記の寸法内で収まる機種であれば使用できます。 ・Sサイズ:縦133mm x 横65mm ・Mサイズ:縦150mm x 横80mm ・Lサイズ:縦165mm x 横85mm